エンジニアの作業効率化を図るポモドーロ法のススメ

エンジニアはPC1つで勉強も仕事もいつでもどこでもできるのでスゴい効率的に働けますよね?

でも会社に出社して8時間働いたのにあんまり進まなかった・・・。

家で1日勉強しようと思ってたけど、テレビ見たりなんだかんだやらなかった・・・。

なんてことはないですか?

思い当たる人はポモドーロ法も試してみてください。

ポモドーロ法とは?

フラチェスコ・シリロが1980年代に開発した生産性を向上するためのテクニックです。

やり方は至ってシンプル。

その日にする仕事の予定を立てて、25分で鳴るようにタイマーをセットしてからタスクに取り掛かります。

その25分間は1つのタスクだけに集中します。

集中を阻害するメールアプリやSNSは閉じておきましょう。

25分経ったら5分で鳴るようにタイマーをセットして休憩します。

これを1ポモドーロとします。

4ポモドーロごとに長い休憩(15分)を取ります。

ポモドーロ法と大層な名前が付けられていますが、やることは極々シンプルで簡単なことです。

ポモドーロ法の効果は?

人間の集中力の持続には限界があります。

やらなきゃいけない仕事があったとして、ぶっ続けで作業しても使った時間の割に全然進んでいない・・・なんてこともありました。

ポモドーロ法の効果を特に感じたのはリモートワークをしているときでした。

家で作業しているとテレビやスマホなどの誘惑ややらなきゃいけない家事のことが頭をよぎり、その度に作業を中断するなんてこともざら・・。

25分の間に決められたタスクを行い、5分間の休憩時間で家事やらスマホいじるなどやりたいことをやってました。

それと達成感の指標が変わりました。

従来は何時間作業したか?

それが「その日何ポモドーロやることができたか?」に変わりました。

要するにどれだけ集中できたかを測るようになりました。

それに比例して作業内容もより充実してきましたね。

まとめ

不思議なものでタイマーの音を聞くと自然と意識を切り替えることができます。

エンジニアはPCに向かって作業している時間が長いと思いますので、ポモドーロテクニック用のアプリをPCにインストールして試してみてはいかがでしょうか?

ちなみにぼくは「Be Focused」というアプリを使っています。シンプルでとても使い勝手良いアプリです。

【随時更新】WebエンジニアがMacBook Proを新調したのでインストールしたアプリを紹介する

ではまた。

※マメ知識:「ポモドーロ」とはイタリア語で「トマト」のこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yusuke Ito

20代後半プログラミング未経験から転職し、現在はWEBエンジニアとして働いています。 バックエンドが本職ですが、1人でサービスを立ち上げるためフロントエンドも勉強中です。 最近はDAppsやNEMの開発に夢中です。