これからDockerを始める人に「Docker/Kubernetes実践コンテナ開発入門」

Docker使ってますか?

勉強をしないとなぁと思いつつもWebで拾ってきた断片的な情報で誤魔化していたのですが、全く理解できてないことを気付かされたので本腰入れて学習し始めました。

これからDockerを始める人にオススメしたいのが「Docker/Kubernetes実践コンテナ開発入門」です。

Dockerの概念から本番運用まで

本書を選んだ理由は3点。

  • Docker、Kubernetesの概念について一通り網羅している
  • 動かしながら学べる
  • 実際の運用方法も視野に入れて学べる

ブログ等で得た情報でデプロイすることはできても本質的に理解できなかった理由としては、やり方がまちまちだったり、そもそも単語の意味を理解できてなかったからでした。

順を追って学習することで腑に落ちました。

既にDockerを使って開発や運用をしており、リファレンス的に利用したい方にはあまりオススメできないです。

動かしながら学ぶ形式であること、「○○章でこうだったが〜」のように前章を読んでいる前提の解説が所々あるので読みにくいと思います。
※Docker SwarmとKubernetesの比較とか

とは言え丁寧な解説で理解しやすいので初心者の方にはオススメです。

本書の詳細は技術評論社のHPで目次を確認できます。

Docker/Kubernetes 実践コンテナ開発入門 | Gihyo Digital Publishing

余談ですがぼくは技術書に関してはPDFフォーマットで買いたい人なのでここで購入しました。

読んでみて

点と点で断片的に散らばっていた情報がキレイに紐付いたので、本書を手にとって良かったです。

本書は最終的には本番運用を想定しGKE(Google Kubernetes Engine)でのデプロイまで学習するのですが、これからDockerを使う人にはまだ理解しなくていいでしょう。

まずは今開発している環境のDocker化から始めると良いと思います。

ちなみにぼくはdocker-composeを使ってWebアプリのDocker化を自力で行えました。

Dockerでの開発に興味がある方はぜひ一度読んでみてください。ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yusuke Ito

20代後半プログラミング未経験から転職し、現在はWEBエンジニアとして働いています。 バックエンドが本職ですが、1人でサービスを立ち上げるためフロントエンドも勉強中です。 最近はDAppsやNEMの開発に夢中です。