読書を習慣化して上位7%に?読書で得られる3つのメリット

皆さん、今月何冊の本を読みましたか?

「忙しくて全く読んでない・・」って方もいると思いますが、実際どうなのか調べてみたところ平成25年度に文化庁が調査した結果がこちらです。

  • 0冊 : 47.5%
  • 1,2冊 : 34.5%
  • 3,4冊 : 10.9%
  • 5,6冊 : 3.4%
  • 7冊以上 : 3.6%

引用元:平成 25 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要

全く読書しない人が半数近いという驚きの結果。

少し古い統計になりますが、近代ほど読書離れが進んでいるのでさらに0冊の人の割合は増えているでしょう。

そんな中、読書をして得られる3つのメリットをご紹介します。

読書は何の意味があるの?

そもそも読書することに何の理由があるのでしょう?

楽しむため、教養を身につけるためなど目的は様々でしょう。

ですが、読書をすることによって3つのメリットを得ることができます。

シンプルに頭が良くなる

過去の脳科学では「脳の神経細胞は20歳をピークに以降は死滅するだけ」というのが定説でしたが、現代ではそれは誤りとされ「脳細胞は死ぬまで増え続ける」ことが判明しています。

そのため、20歳以降も読書をしインプットを続けることでさらに脳細胞を活性化させることができます。

さらに苫米地英人氏は「IQは読書量に比例する」とも言っています。

ストレスと軽減できる

心配事、不安なことは生きているうちは避けては通れない感情です。

そんな場合にある程度のことは本に書いてあるので解決できますが、精神的に余裕がなく普段から読書する習慣がない人が切羽詰まった状態で本なんか読めるわけがないのです。

普段から読書を習慣化し、解決法を学ぶことでストレスを軽減することができます。

お金の稼ぎ方がわかる

「年収1000万円欲しい」と考えたとき、その方法をいくつ思い浮かびますか?

大企業に入社して出世するのが誰もが思いつく方法ですが、達成する方法はもちろんそれだけではありません。

その方法は近所の本屋に売っている本にたくさん書いてあります。

また、経営者は元々読書家である人が多いです。

経営者になってから読書を始めたわけではなく、幼少期または学生時代から読書の習慣が身に付いている人が多いようです。

お金を稼ぐ、経営の何たるかを学ぶには読書は必要不可欠でしょう。

おわりに

スマホの普及やSNSの流行で読書離れが嘆かれていますが、逆にチャンスでもあります。

冒頭で紹介した通り読書をしていない人が大半の中、月に5、6冊以上本を読む習慣を身につければ上位7%の読書量となり、必然的に周りの人と差は広がり、仕事の成果も得られるでしょう。

学業や仕事で忙しいと思う方もここまで読んで頂けたら読書したくなったんじゃないでしょうか?

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yusuke Ito

■25歳時に異業種からWeb系企業に転職、現在はフリーランスとして活動 ■バックエンド(PHP、Ruby、Python)がメイン、フロントエンドも少々 ※ECサイトの開発が得意 ■筋トレ、ゴルフ、読書、ポケモンが趣味 ■エンジニアとしてのキャリア、アプリ開発、書評をメインに発信しています。